ぶらりずむ

すきなものだけをあつめました

スポンサーリンク

【Python】関数・モジュール

関数の作り方

def 関数名():
		処理名
		return

returnで値を返すと、関数の処理はそこで終わる。
returnの後に処理を書いても実行されない。

>>> def abc():
...     aaa = 100
...     return aaa
...
>>> abc()
100
>>>
def 関数名(引数):
		処理名
		return

とすると、引数を受け取る関数になる。

>>> def bcd(zzz):
...     x = zzz * 100
...     return x
...
>>> bcd(10)
1000
>>>

モジュールの作り方

# test_module.py というファイルに以下を書き込む
# 引数に対して100を掛けて返す
def abc(v):
        x = v * 100
        return x
>>> import test_module #モジュール名をインポートする
>>> test_module.abc(12) #モジュール名.関数名(引数)で実行する
1200
>>>

モジュールの再読込

再読込はimport モジュール名ではなく、importlibを使う

import importlib
importlib.reload(モジュール名)


random.pyを見て、ほえ〜ってなった

【Python】ファイルの入出力

文字の入力

文字入力を受け付けるにはinput関数を使う。

>>> food = input('好きな食べ物は?:')
好きな食べ物は?:肉 ← 肉と入力
>>> print(food)
肉
>>>

ファイルを読み込む

open関数を使う

>>> aaa_file = open('aaa.txt','w')

wは書き込みモード、rの場合は読み込みモード

ファイルに書き込む

writeメソッドとflushメソッドを使う

通常はwriteメソッドで書き込みを行うが、リストの書き込みはwritelinesメソッドを使う。

>>> aaa_file.write('Hello World')
11
※文字数を返してくる

flushメソッドでバッファされているかもしれない処理を書き出す。
writeだけではバッファの中身がディスクに書き込みしているかは保証されない。

>>> aaa_file.flush()
>>>
※特に何も返してこない

ファイルとの接続を閉じる

>>> aaa_file.close()
>>>
特に何も返してこない

closeの処理にflushが含まれるので、open→write→closeで開いたファイルに処理内容が書き込まれる。

>>> aaa_file.close()
>>>
>>> aaa_file.write('Hello World2')
Traceback (most recent call last):
  File "<stdin>", line 1, in <module>
ValueError: I/O operation on closed file.
>>>

エラーが出て、aaa_fileが開かれていないことが分かる。

ファイルの内容の読み込み

>>> aaa = open('test.txt','r')
open関数の読み取りモードで開く

>>> read_aaa = aaa.readline()
>>> read_aaa
'Hello World\n'
>>>

readlineメソッドで読み込む、引数はなく一行ずつ読み込まれる。
2回実行すると、2行目が読み込まれる。

ファイルの内容の複数行をまとめて読み込む

test.txtは以下の内容があるとすると、readlinesメソッドを利用しても読み込む

Hello World1¥n
Hello Worl2^n
¥n

>>> aaa = open('test.txt','r')
open関数の読み取りモードで開く

>>> read_aaa = aaa.readlines()
>>> read_aaa
['Hello World1\n', 'Hello World2\n', '\n']
>>>

withを使うとopen/closeが楽になる

with open関数 as 変数:
     処理内容

close処理を書かなくても良い。

>>> with open('aaa.txt','r') as aaa:    #aaa.txtにはabcと書いてある
...     bbb = aaa.readline()
...     print(bbb)
...
abc

35歳ITベンチャー勤務、ダブルワーカーのGWの過ごし方を大公開!これがダブルワーカーだ!!

こんにちは、ほうじ茶です。
敬愛しているブレイクさんのタイトル感(と躍動感)をちょっとパクってみました。

敬愛するブレイクさん
doubleworkandstock.hatenablog.com

GWどう過ごしたのか!

世間一般では5/3〜5/6まで、長い人だと4/28からずっと休みだったのではないでしょうか。
私はカレンダー通りだったので、5/1と5/2は本業の仕事をしていました。

もちろんそれ以外はバイトです!
5/3はバイト短め、5/4はバイト短め、5/5の今日は普段通りのバイト、5/6のGW最終日も普段通りのバイトです。

この4日間で25時間ぐらい働いています、1日平均6時間ぐらいですが実際にはこんな感じです。

  • 5/3:3時間
  • 5/4:3時間
  • 5/5:10時間(拘束は11時間)
  • 5/6:9時間(拘束は10時間)


お金の面で結局いくらぐらいになるかというと、1300 * 25 = 約3万2500円ほどです
こんだけ働いてもそんなもんなのかと嘆きつつ、この生活から脱出するために日々頑張るだけです!

ちなみに普段のバイトの日のスケジュールは・・・・

  • 朝7時前に起床、7時には出発
  • 8時過ぎにバイト先の最寄駅に到着し、すき家かなか卯で朝食を済ませる
    • ダブルワーカーにとって、継続して働くためには食事は重要なのです
  • 9時から20時まで働く、休憩はもちろん1時間
  • 21時半ぐらいに自宅に到着、疲れたので風呂に入る、風呂を出て晩飯(カップラーメンを食べる)
  • 22時半になり今これを書いている
  • 0時に過ぎには早めに寝て、翌日のバイトに備える…
    • ちゃんと寝ないと倒れちゃうんですよね、倒れたこと無いけど


ダブルワーカーにとって、食事をちゃんと食べること、睡眠をしっかり取るようにすること、これが継続して働き続けるための二大要素なのです!

昔はもっと激しい働き方をして、もっと稼いでいたのですが、その話はまた後日。