ぶらりずむ

すきなものだけをあつめました

スポンサーリンク

Dropbox PlusとOne Drive(有料版)を比較した話



こんにちは、ほうじ茶です。
現在Dropbox Plusを契約しているのですが、実際のところ1TBも容量を使わないこともあり、契約をこのまま続けようかどうか考えています。

オンラインストレージというといくつか種類があるのですが、使用用途や目的によっても随分変わってくるため、自分の目的をまず整理しておきます。

利用用途・目的・条件など

  • 個人で使う、会社・法人用途ではない
  • 複数人でのファイル共有は不要
  • 欲しい容量は100GBぐらいあれば十分
  • 主に写真をアップロードしたい
    • iOSを使っているのでアプリが出ていること必須
    • iOSアプリから簡単に写真がアップロードできること
  • アプリ起動時にパスコードをかけたい、TouchIDだと便利で良い
  • 値段は安い方が良い

まとめてみるとこんな感じです、写真やファイルのオンラインバックアップを取っておきたいという意図が一番強いです。
これは外付けHDDやNASなどを購入して利用するのもアリなのですが、故障時の不安なども考慮してオンラインストレージを検討しています。
※RAIDを組む等ももちろん検討済ですが、面倒なのと費用がかさみそうなので除外しています

オンラインストレージサービスの比較

個人用で有名どころはこんな感じでしょうか。

  • Amazon Drive
    • iOSアプリでパスコードなどによるロックがかけられないので除外
  • Dropbox
    • 現状使っている、便利だけど割高感がある
  • OneDrive
    • iOSアプリにパスコード設定可能、TouchIDも利用できる
  • iCloud
    • それ専用のアプリがない、したがってロックがかけられない
  • Google Drive
    • Googleフォトになるが、ファイルの取り扱いが特殊なので除外

結果的にOne DriveとDropboxを比較することとなりました、One DriveはOffice 365サービスになるので、そちらとの比較です。

Dropbox PlusとOne Driveの比較

  • 料金
    • Dropboxは1200円/月
    • One Driveは1274円/月
    • 恐らく税別・税込っぽいが、同価格と言えそう
  • 付帯サービス
    • Dropboxは特になし、デバイスデータの遠隔削除は魅力だけど使わなさそう
    • One DriveはそもそもOfficeが付いてくる

とこの時点で、One Driveの方が圧倒的に有利ですね。
個人的に気になっていたアプリ周り(パスロックコード、カメラアップロード)は両者同等の機能があるので問題ありません。

Office 365 SoloとBusiness

Office 365を申し込む際、家庭用かビジネス用か選べます。
実際のところビジネス用の方がちょっと安いし、インストール可能な端末台数も5台と十分です。
ただし注意点があり、One DriveがOne Drive for Businessになること。
通常のOne Driveと同じだろと考えていたら、細かな所で挙動や仕様が違うので、注意が必要です。
私が実際に最低限利用したいのは、iMacとiPad Proなので台数的にもSoloで十分です。


Businessの場合はお名前.comとか代理店経由で申し込むと安くなる場合があるようです。
www.onamae-server.com



最近Conoha for Windows Serverがリリースされたらしいのでちょっと調べてみた話

こんにちは、ほうじ茶です。
クラウドというと、一般的にはAWSのイメージが非常に強いですが、AWSは機能が非常に豊富な半面、分かりにくい箇所もあったり、料金が従量課金なのでヘマをすると想定外の費用が発生する可能性があります。

実際の所、費用面に関してはアラート設定ができたり、1年間は無償使用できるキャンペーンがあったりするのですが、1年経過した後のことやアラート設定してても大丈夫かなと心配になったりしました。

なぜConohaなのか

プログラムの勉強環境+色々触ってみる用途として、自分でサーバーを構築しました。その際にConoha含めて色々と検討したのですが、自分がConohaを選んだ理由としては以下の通りです。

  • 料金が安い(時間課金ができる、初期費用がかからない)
  • SSDであること
  • 管理画面が使いやすい
  • 最低利用期間がない
  • ヘルプが分かりやすい

これらを加味して、個人的な興味も含めた結果ConohaのVPSを選んで月額1000円未満で利用していました。

Windows Serverの場合はどうか

通常サーバー構築というとLinuxなイメージなのですが、Windows Serverだとどんなもんかなと思って調べてみました。

vps.sakura.ad.jp

  • さくらインターネットなので安心できる
  • でも初期費用がかかる
  • 時間課金ではない


vps.gmocloud.com

  • 利用料金はかなり安い
  • でも月額料金がかかる
  • 時間課金ではない

他にも提供事業者はたくさんあるのですが、HDDであったりスペック上比較が難しいので除外としました。

ここまでのまとめ

提供事業者は他にもたくさんあるのですが、利用を検討する際には以下を抑えておくと良いと思います。

  • 立ち上げっぱなしか、必要な時だけ起動させるのか
    • 必要な時だけ起動させる場合が断然お得
    • ただし時間課金に対応していないといけない
  • HDDかSSDか
    • SSDの方が断然良い
  • ヘルプページの充実っぷり
    • 困った時にあたふたしないために、事前にヘルプページを見ておきましょう
    • ヘルプページが充実していると、サポート体制にも安心感が持てます

個人的にConohaのここに感動した

学割が用意されている

こちらです
www.conoha.jp


私は学生ではないので利用できないのですが、お金のない学生向けに料金割引をする姿勢が個人的に好きです。企業である以上、さすがに学生には無償提供とかは出来ないので、ちょっとでも割引があると良いですよね。

データ転送量が無制限

たまにデータ転送量に応じて課金がある所もあるので、費用面で不安を払拭できるのは素直にありがたいですね。

サポートページが綺麗にまとまってて分かりやすい

VPSを使っていた時に感動したんですが、ページが綺麗にまとまっていて、例も記載されていてすごく分かりやすかったんですよね。困った時とか分からない時に読むものなので、人が見て分かりやすいものを提供できてるってポイントが高いです。

特に初めて触る人にはこのようにステップバイステップでのガイドが用意されているので、親切ですね。
www.conoha.jp


わりと迷いがちなWindows Serverへのリモートデスクトップ接続についても親切に図入りでちゃんと記載されています。
www.conoha.jp


ちょっと変わったコンテンツとしては、マンガでのVPS紹介などもあります。
www.conoha.jp


少しポイントは変わりますが、APIドキュメントについてはExampleとしてリクエストとレスポンスが載っているので、どう投げてどう返ってくるのかがとても分かりやすいのです。
ConoHa API Index / ConoHa API

まとめ

そんなわけで、用途によって選ぶ事業者が変わるのは当然なことなのですが、ちょっと使うとか実験的に試してみたいとかの利用にはConohaがとてもオススメです。
初期費用がかからない、ヘルプページが分かりやすい、時間課金でOKはやっぱ非常に魅力的ですね。


バナー経由で申し込むと、1週間無料で利用できるみたいなので、私もちょっと作業用として再びConohaを使ってみます。


昇進して4ヶ月が経過した話

こんにちは、ほうじ茶です。
私は今の会社に入ってまだ8ヶ月なんですが、今年の1月に昇進したので、その時のこと・それまでにやったことを書きたいと思います。

いつも読んでるフミコフミオさんのこの記事に触発されたわけですが、読んでてなるほどな〜って視点と、自分ならではの出来事もあったので、忘れない内にまとめておきたいと思います。
delete-all.hatenablog.com

今何をやっているのか

いわゆるIT企業でディレクター的な仕事をしています、ディレクターって業種や会社によってやることが違ったりするので、大きく書くと進行管理をしています。

前は何をやっていたのか

前職は業界ではちょっと有名なIT企業でディレクターっぽい仕事に加えて、セールス活動とか色んなことをやってました。

で、どうやったのか

端的に書くと、今までの社会人経験で得られた知見を出し惜しみすることなく開放し、やるべきことをやりました。

今の会社はITベンチャーという立ち位置なんですが、ITベンチャーと言っても様々で、進行管理のやり取りにお客さんとExcelでファイルを送り合っている状況だし、複数案件が同時に走るのにそれの管理も個別のExcelファイルだしで、IT化できていない中小企業感がありました。

Excelファイルの撤廃とPJ管理ツールの導入

実は開発部門ではPJ管理ツールを導入しており、それに乗っからせてもらうことにしました。
乗っかると言っても、ビジネス部門では不具合修正や開発への依頼の"ごく一部"をチケット作成して投げていたので、ほぼゼロベースでの導入です。

まずやったこととして、

  • 小さく始める
    • 自分含めて興味がありそうな少人数で始める
    • その中で型を決めてやってみて、型がダメそうだったら変えてみて、フィットするやり方を模索する
  • 実際に少人数でやってみて良かったので「良さそうだ」という話を会話の中に出していく
    • 周囲も「何かやってる・何か詳しくは分からないけど良いらしい」ということが分かります、そして広まります
  • 型が出来たら、関係者が全員集合するMTGで「これからこれやります」と周知をする
  • 型をちゃんとマニュアル化してドキュメントに落とし込み、社内に公開する

ざっくりこんなことを推進しました。

元々の話として、

  • Excelファイルで管理するのは面倒という風潮があった
  • でもGoogleスプレッドシートでやっても同じことだろうという空気もあった
    • お客さんへの送付はどうするの?とか → リンクを共有すりゃいいじゃんという話でもある
  • 結局どっちつかずで現状維持

という状態でした。

やらないことを決めた

PJ管理ツールの利用を推進・切り替えていく中で「お客さんへのスケジュール送付はどうするか?」という問いがありました。
結論から書くと、メール上のテキストに書き起こした連絡のみで済んでいます。

それまでは"この日までにこれをやって・この日からこれをやって"というガントチャートをExcelに引いてやり取りしていたんですが、スケジュールの変更がある度に書き直しが必要で、無駄な作業が発生していました。
でもメール上のやり取りであれば、サッと文章を書くだけで済みます。

こういったExcelファイルの送付をしないことにより、お客さんから「送って欲しい」とか「クレーム」が来たことはありません。
それはそれでちょっと寂しい気もしますが、言い替えると今までやらなくても良いことをサービスでやってて負荷だけ増えてたように思います。

どんどん発信をしていった

PJ管理ツールの推進とは少し違うのですが、社内wikiにどんどん発信をしていきました。
発信と言っても色々あるのですが、

  • ポエム的な内容も含む「自分はこう思っている」的なこと
  • 開発部門にもビジネスサイドの情報が伝わるように、訪問先の議事録まとめ
    • それまで議事録がまとまってすらいなかったのです
  • これまでの経験から、ここはこうした方が良いんじゃないか的なこと
  • Slackはフローであり、ストックではない
  • ストックに残すことを心がける
  • Slackでは前向きな発言を心がける

文章に残すと一方的な発信になるのですが、社内にいる人に向けて書いている節もあるので、表現や言葉選びは慎重におこないました。

自分もいい歳でおじさんなんですが、新しく入ってきた平社員がいきなり社内のルールを無視して好き勝手なこと言っても嫌ですよね。
そういうのを無視してこそのベンチャーだという意見もあると思いますが、そのようになっていった歴史を理解して、変えるべき所は変える、残すべき所は残すようにした方が良いと考えています。
しかし新入社員のメリットとして、歴史を無視して好き放題言えるという点もあるので、バランス感覚が非常に重要です。

自社ではSlackを利用しているのですが、Slackはフローなので「文章量が多いもの」とか「振り返って見たいもの」についてはストック型のサービスに残すようにしました。
ストック型のサービスで最大のメリットは、当たり前ですが後で読めることです。
例えばSlackで後で読もうと思っても忘れてしまい、そのまま流れていっちゃうこともありますが、ストック型だと「後で読む」がし易いんですね。

この「後で読める」が大事で、仕事が一段落した時に読んでもらえたり、あんまり会話・交流の無かった人達にも読んでもらえていたり、後日それについてコメントがもらえたりと良いことづくめでした。

自分の仕事以外のこともやった

ここは色んな考えがあるかと思いますが、自分が出来る仕事で自分の担当外の仕事もどんどんこなしていきました。
私は開発エンジニアではないので、そっち系の仕事はできませんが、ディレクション後の仕事にも積極的に関わり、今ではそっちの管理職を兼務で担当しています。
「自分の仕事以外のこともやる」と書くと雑になるのですが、自分が関わる仕事の最初から最後までをどんなフローで流れるのか把握し、ある程度は自分で分かるようにしておく、これが凄く大事。
完璧に理解できるとなお良いのでしょうが、そこまではしなくとも会話が出来るレベルで仕事の内容を抑えました。

社内の人と積極的に交流する

私が入社した後にも数人入ってきたのですが、なぜか自部署以外の人と積極的に交流しないんですよね。
積極的と言っても、飲みに行ったりとかじゃなくて、日常的に「最近どうっすか?」的に雑に会話することを指しています。
同じ社内の人なので、ある程度は共通の話題もあるし、声かけられて悪い気になる人っていないと思います。
むしろ入ったばかりなので、人によっては自分に興味を持ってくれていたり、教えたがりの人もいるかもしれませんしね。

まとめ

思い返すと、そんなに大きなことはやっていません。きっと誰にでも出来るし、やる気があるかどうかじゃなくて、やるかやらないかだけの違いだと思っています。

  • イケてない所は何故そうなのか歴史を理解し、改善策を考えてみる
  • 積極的に発信する、フローとストックを使い分ける
  • 自分の仕事だけに閉じこもらない
  • 自分から積極的に声をかける
  • やりたいことを全力(100%とは言ってない)でやる

単純にこれだけをやってきました、前職が結構ハードな所だったので「これぐらいちょろい」と思って余裕があったのもプラスに働いたのかもしれません。
ここんとこは首都圏でバリバリやってたエンジニアが地方で無双する感覚に近いものがありますね。


昇進するって運とか状況も大きく関わってくるんですが、自分の場合はやりたいことをやって、面倒なことは面倒だから変えていきましょうと推進して、平社員から課長になりました。

平社員だからやれない・出来ないってのは環境によっては勿論あることなのですが、そういったのを取っ払って「やりたいこと」をやってみるのも良いかもしれませんね。
あなたのやりたくないことは、他の誰かも口に出さないだけで、やりたくないと思っているかもしれません。

2018年4月も終わり、1年の3分の1が終わった話

こんばんは、ほうじ茶です。
同じ時は二度とかえってこない、いつもそんな風に過ごしています。


今日は2018年4月最後の日で、今日が終われば今年の3分の1が終わってしまいますね。
自分で書いておいてなんなんですが、ふっと気がついて、そういえばそうだよなーって思いました。

この3分の1を振り返ってみると、色々とありました。

色々とあったことたち

  • 会社で昇進する(入社4ヶ月で平から課長へ)
  • 再婚する
  • 1人で3LDK住まいが4人で3LDK住まいになる
  • キャノンのEOS Kiss X9iを購入する
  • iPad Pro 10.5インチのセルラー版を購入する
  • ずっと放置してたブログを再開する
  • 株を久々に始める
  • マズイと評判の食べ物に手を出してみる
  • 炙りをキメる
  • ベーコンを水責めにする
  • ブレイクスルーさんとブログ上で交流し、Twitterで毎日DMを交わすほどのラブラブな関係になる
参考

blog.burarism.com
blog.burarism.com
blog.burarism.com
blog.burarism.com



これってたった5分程度振り返って思い出した感じなんですが、たった4ヶ月にしては色々とあったなぁと。
おそらくブログを再開して、色んな人に触発されなければ、今こうやって振り返ることもなかったし、文章化することもなかったように思います。

そしてこのエントリーを書こうと思ったのは、この方のエントリーを読んでからでした。

oreno-yuigon.hatenablog.com


「ブログには誰かの人生を変える力がある」

って本当にそうだなと思っていて、実際にそういった"実例"も目の当たりにしてきました。
大事なのは発信すること、続けること、自分のペースでやれること、だと思っています。
挑戦することと無理することは別だと思っていて、無理して発信をしても続かないですが、ちょっと頑張って難しいことにチャレンジしながら、その記録をブログとして残すのは意外と続いたりするんですよね。

昔勤めていた会社で、たまたまえらい人の話を聞く機会がありました。
要約すると、人生はマラソンと同じく長距離走なので「疲れたら休み、一時的に辞めてもまた始めれば良い」というものでした。

そうは言っても時には一気にやらないといけない・途中で脱落してはいけないという時もあると思いますが、それも含めての人生は長距離走のマラソンと同じなんだと考えると、ちょっと気持ちが楽になるかもしれませんね。
くじけても頓挫しても、諦めない人が最後に勝ちます。

なので私は壁にぶち当たって、無理だと判断したら壁を乗り越えることはやめますが、その壁を迂回して先に進むようにして、それ自体は諦めません。


f:id:minyou:20180430213519j:plain

だからこそ、今日も一日疲れましたが、頑張って書き上げた次第でございます。

色んなものから逃げ続けた話

こんにちは、ほうじ茶です。

最近Twitterでよく話すブレイクさんが超絶サクセスストーリーを書いてたので、私は逆張りでネガティブストーリーを書いてみます。
doubleworkandstock.hatenablog.com



今季節は春ですが、私は春が嫌いです。正確に言うと、好きだったものが嫌いになり、もう17年の月日が経ちました。
家庭の事情により大学に入る直前に「すぐに大学を辞めないといけないだろう」という出来事があり、本当に身体一つとも言える状態で上京し、入学して3ヶ月で高卒公務員の試験勉強を始め、入学から7ヶ月後には正社員として働き始める。


私が18歳の時の出来事でしたが「若い時は色々ある」の一言では済まないような「色々」がありました。


そんな色々があり、私は春が大好きだったんですが、大嫌いです。
乙女心っぽいんですが、乙女じゃないけど大好きだけど大嫌いなんですよね。


家族にしか話していませんが、17年経っても未だに自分の「大学中退」という出来事に対して、それが暗に夢に出てきます。
だいたいは「大学にこれから入学する!」という感じに始まり、途中で気がつくんですよね「今*歳なのに今から大学入ってどうするんだ、仕事は?稼ぎは?やってけないじゃん?」って。
不思議なもので、その*歳の所は現実の自分の年齢なんです。
そして夢から覚めて、朝を迎える。
はい、最悪の目覚めですが毎春の恒例行事です。本当に。


タイトルの通り、私は色んなものから逃げてきました。
一言で書くと、努力であったり、人であったり、仕事であったり、自分自身であったり。
今ではダブルワークでほんとうに休み無く働いているんですが、こんな私にも恥ずかしながら無職の期間があったりしました。
自分でも思い返してみると、夢ややりたいことがある前向きな無職ではなく、後ろ向きな無職ですね。

今までの人生がこうだったから、大学を出ていないから、中退したから、向いていないから、言い訳できる要素はたくさんあります。全て事実ですし、自分で知っているから。

そんなダメ人間っぷりを晒しているわけですが、私の転機はいつだったのか、今にして思えば昔離婚をした時でした。

あの時ほど自分のダメっぷりを最悪に感じたこともないですが、逆にあの時ほど自分の転機とも呼べる「これまでの自分から変わらないといけない、行動して変えられた」と思える時はありません。


今振り返って考えてみると、あの時から本当に変わりました。


……と言いたい所ですが、やっぱりそれでも変わらないダメな所もあるもんなんですよね。だって、人間だもの。


逃げることは悪いことではないと思います、高すぎる壁にぶち当たったとしたら、乗り越える策を必死に考えてそれに向けて努力するのも一つの方法ですが、壁を乗り越えずに回り込んで先に進むのも一つの方法ではないでしょうか?
正統派で努力をして壁を乗り越えてこなかった私は、なんとなしにそんな「高すぎる壁は回り込んで先に進む」という生き方が身についてしまったように思います。
だてにぶらぶら生きてきたわけじゃないのですよ、だてに。

最後に

「あなたの転機はなんですか?」と聞かれて、一番大きいと思ったのが離婚の話でした。
でもちょっと考えるだけでもこれだけ出てくるんですよね。

  • 親が離婚した時
  • 上京する直前・上京してから
  • 最初にIT関係の仕事を選んだ時
  • 最初に結婚した時
  • 離婚をした時
  • 会社を辞める度
  • 父親が死んだ時
  • 前の会社に入った時
  • 今の会社に入る前・入った時・前の会社を辞めた時

結構山のように出てくるもんです、だからこそ「転機」なんて毎日どこにでもありふれてるものだと私は思います。


#わたしの転機

りっすん×はてなブログ特別お題キャンペーン「りっすんブログコンテスト〜わたしの転機〜」
Sponsored by イーアイデム

ダブルワークは辛いよ【別れ編】

こんばんは、ほうじ茶です。
春は出会いと別れの季節ですよね、会社で言えば新人が入ってくる時期でもありますが、年度末で異動があったり転職をされたりする方もいると思います。

私はダブルワークという形で働いているのですが、ダブルワークにつきものなのが「出会いと別れ」です。
今日は「別れ」の方に絞って書いてみたいと思います。

ダブルワークにおける別れとは

ダブルワークをしていると、だいたいの人は土日だったり深夜帯に働いています。
そうすると職場で入ってくる情報なども断片的だったりします。

新しい人が入ってきたは良いが、名前しか分からない・・・
そんな新人さんとは勤務時間が被らないから、顔も見たことが無い・・・
などなどです。

時間をかけてせっかく仲良くなった人とも、勤務時間帯が合わず、いつの間にか辞めてるなんてこともありますよね。あるんです。


そうなると「あれ?自分は仲が良くなったと思ってたのに、実はそうでもなかった?」なんてしみじみしちゃいます。

もう一度繰り返します、「自分は仲良くなったと思ってたんだけど、相手にとってはそうじゃなかったの?」と。


今働いている職場は通算で10年ぐらいになるんですが、やはり長い間働いていると、たまにしか勤務が被らなくても、何の気無しに話始めた雑談から仲良くなることもあります。
同じダブルワーク仲間だと尚のことですよね。


オチのない話なんですが、数年一緒に働いたダブルワーク仲間のMさんが来月早々で辞めてしまうんです。
辞めてしまう理由としては、本業の転職に伴って、ダブルワークの方を週1に減らしたいと職場へ伝えたところ、週1だと勤務条件が認められないとダメ出しをされたとのこと。

そりゃ確かにそういう条件があるのは分かるけど、常時人を募集している職場で、かつ土日にも出ていた人で、その上数年も働いていたのにそんなあっさりと切るなんて…と心の中では思っています。

どうしようもないことなのですが、Mさんも友人に仕事を手伝ってくれと言われた前向きな転職らしいので、ダブルワークの職場で会えなくなるのは寂しいですが、私も気持ちを切り替えて快く送り出そうと思います。
そんなMさんの退職を先日知ったので、その場で「辞める前にLINEの交換をしましょう!」と伝えておきました。

もうね、何年も一緒に働いた戦友がいなくなっていくのは寂しいんですよね、正直。
上述のように暫く会わないと思ってたら、いつの間にか辞めてたとか平気である職場なので、ほんと寂しいのです。

以前のエントリーで書いたとおり、職場つながりがその職場を辞めて5年経って助けてもらえるということもあるし、ある程度歳をとると新しい出会いがなくなってくるので、なおさらつながりを切りたくないんですよね。


そんなわけで、今週どこかでMさんとLINEの交換をしておきます。
ちなみにMさんは40手前のおじさんですので、あしからず。。

iPad Pro用のPoeticケースを買った話

先日iPad Pro 10..5 セルラー版の購入をしたのですが、Apple Pencilが収納できるケースが欲しいと思っていました。

欲しいスペック

自分が必要なスペックとしては、以下の要素がありました。

  • Apple純正Smart Keyboardに対応していること
  • Apple Pencilがケースに収納できること
  • そこまで値段が高くないこと

そもそもApple Pencilが一緒に収納できるケースでキーボード対応ってのがあまりなく、以下の商品に絞られました。

検討した商品

  • Apple Pencilが収納可能で見た目も悪くない
  • Amazonレビューもそこそこ高評価
  • そもそも希望するスペックを満たす商品が少ないので、これになりそう


  • Apple Pencil収納はできないけど、今のiPad Proで使っている
  • 自分で使った実績もあり、問題なく使えている


という商品を検討した結果、値段もそこまで高くないのでPoeticのケースを購入しました。

商品レビュー

ダンボールを開けるとこんな感じです、思いのほかちゃんと梱包されてました。
f:id:minyou:20180423221058j:plain


袋から取り出すとこのようになります。
f:id:minyou:20180423221153j:plain


そしてiPad Pro 10.5に装着します。(裏面)
f:id:minyou:20180425203614j:plain
Apple Pencilにマグネットが付いた筒のようなものを付けているんですが、素材が柔らかいからか、この状態でもなんとか収納出来ます。


Apple Pencilの表側です。
f:id:minyou:20180425203638j:plain
見た目的にも問題なく、別々で持ち運んで無くしてしまうより良いし、ケース自体もなかなか完成度が高い良い商品でした。

まとめ

  • Smart Keyboard装着でApple Pencilもケースにひとまとめにしたいならとてもオススメ
  • ケース裏面にロゴがありますが、特段気にならないレベルでした(個人差はありそう?)
  • 値段も安いので、お試しで買うのもアリ


そんな感じでした、まだ使ってそこまで経っていないですが、問題無さそうなので使えなくなるまではこれを使っていこうと思います。




無知は罪だと思った話

もう10年以上前の話なんですが、タイトルの通り「無知は罪」だと思った時があったのです。

具体的にどういうことかというと、当時正社員で働いていたにもかかわらず、もっとお金が必要でバイトを探さざるを得なくなったのです。
上京してからはバイトは1つしか経験していないし、そもそも平日の9時〜18時まで埋まっていて、土日しか空いていない状態で何ができるのか?
20代前半だったし、まだ考えも浅かったので、正直探し方も分からずだったんですね。

それでどんなバイトを始めたのか

なのですが、倉庫でのDVDピッキング作業です。
いわゆる「軽作業」と呼ばれる類の仕事です、最近はほぼ聞かなくなりましたが、当時はぽすれんやTSUTAYA DISCASが流行ってて、私も利用してたりしました。

具体的に何をするかというと・・・

  • 休憩以外はほぼずっと立ちっぱなし
  • プリントを渡されて、指定された番号のDVDを棚から抜いて数枚1セットにする
  • 戻ってきたDVDを棚に戻す

ずっとこの作業の繰り返しなんです、しかも休憩以外はほんとずっと立ちっぱなしなので、あんま体力ないわ立ちっぱなしは向いてないわの自分には辛いだけでした。

そのうえ、こんな事情もありました

  • 時給もかなり安く900円ぐらい(うろ覚えですが)
  • 出勤の希望を出しても出勤が出来るかどうかは前日にならないと分からない
    • 平日勤務しているメンバーが土日も希望を出せば、それが優先されるかららしい
  • 交通費出ない


しゃあないと言えばしゃあないけど、ちょっとないわーと思いながら、他の仕事もないため暫く働いていました。
900円×8時間=7200円、立ちっぱなしで7200円。。
しかも希望を出しても入れるかどうか分からない、金が必要で働きたいのに、働けるかどうか前日にならないと分からんと。。

その後、訪れた転機

ピッキングのバイトをしていたのは23歳ぐらいだったんですが、20歳の時に働いてた職場の仲間と細々と連絡を取っていて、その人に何の気なしに良い仕事がないか聞いたんですね。
そしたらその友人が働いている職場を紹介してくれました。

当時の条件はこんな感じです

  • コールセンター
    • 座り仕事!
  • 時給1500円
    • 今より時給600円アップ!
  • 交通費支給
    • めっちゃありがたい
  • ピッキングのバイトよりも勤務先が近いし、駅近!
    • 駅から徒歩10分とか歩きたくないよ…
実際どうだったのか

コールセンターはかつて1年ほど働いたことがあり、かなり久しぶりだったんですが、そつなく仕事をこなしていました。
立ちっぱなしだったのが座りっぱなしになりましたが、職場環境もよく(10年経った今でも連絡取り合ってる人がいる)、良い環境でした。

学んだこと

600円/時の差は1日で5400円になります、週2日で10800円、1ヶ月(8日)で43200円です。
どちらの仕事が楽なのかは向き不向きがありますが、単純に金銭面で考えた時には物凄く差が出てきます。



「無知は罪」は誰にとっての罪なのか、それは自分自身への罪なんだということを強く実感した出来事でした。
紹介だったので運が良かったと言えばそれまでかもしれませんが、ちゃんと情報収集して、アンテナを広げていくことはとても大事ですね。

「ちょっと」を面倒くさく感じてしまって、結果的に大きな損失を被るのは自分自身かもしれません。
そもそも損失を損失と認識できていないかもしれない、得をする・損をするだけでは語りきれないことなのかなと思います。

メンターとして指名された話

Twitterやってないんですが、以下のエントリーの通り、ブレイクスルー氏にメンターに指名されたのでTwitterのアカウントをこさえて始めました。

doubleworkandstock.hatenablog.com


最近ダブルワークでの別れの話を書こうと思っていた矢先だったので、これも何かの縁ですね。
そんなこんなで、docomoオンラインショップから届いたiPadをセットアップしています。

iPad Proのケースも買ってみたので、早々にエントリーにしたためたいと思います。

独自ドメインを取得し、はてなブログProに移行してブログ名も変えました

そして今日は真鯛としめ鯖の刺身を炙りました。

ゴーゴー!

ゴーゴー!
これほんとクセになるし、しめ鯖炙ったら美味しかったのでおすすめです。


独自ドメインを取得しました・ブログ名を変えました

以前から独自ドメイン取って色々やってみたいなという思いはあったものの、何となくめんどくさくて何もしませんでした。
でも最近、せっかく出てきたやる気をそのままにして立ち消えさせるのももったいないと思い、独自ドメインを取りました。
いくつか候補は考えたものの、今までの人生ぶらぶらしててここまできているので、そんな気持ちからドメイン・タイトルにした次第です。

はてなブログProに移行しました

独自ドメインを取得した後、ブログに反映させるにははてなブログProに移行しないといけません。
今のところどこまで続くか分からないので、年間契約ではなく月間契約にしました。
2年契約だと40%OFFぐらいにはなるので、いっそのこと先に金を払っておいて、使わないともったいないというマインドに向けていくのもありかもしれませんね。



そんなわけで、今月はあと2回働いたらバイトは終わりです。
明日には紆余曲折あったセルラー版iPad Pro 10.5が届くので、楽しみに明日を待ちます。