ぶらりずむ

すきなものだけをあつめました

スポンサーリンク

Dropbox PlusとOne Drive(有料版)を比較した話

スポンサーリンク



こんにちは、ほうじ茶です。
現在Dropbox Plusを契約しているのですが、実際のところ1TBも容量を使わないこともあり、契約をこのまま続けようかどうか考えています。

オンラインストレージというといくつか種類があるのですが、使用用途や目的によっても随分変わってくるため、自分の目的をまず整理しておきます。

利用用途・目的・条件など

  • 個人で使う、会社・法人用途ではない
  • 複数人でのファイル共有は不要
  • 欲しい容量は100GBぐらいあれば十分
  • 主に写真をアップロードしたい
    • iOSを使っているのでアプリが出ていること必須
    • iOSアプリから簡単に写真がアップロードできること
  • アプリ起動時にパスコードをかけたい、TouchIDだと便利で良い
  • 値段は安い方が良い

まとめてみるとこんな感じです、写真やファイルのオンラインバックアップを取っておきたいという意図が一番強いです。
これは外付けHDDやNASなどを購入して利用するのもアリなのですが、故障時の不安なども考慮してオンラインストレージを検討しています。
※RAIDを組む等ももちろん検討済ですが、面倒なのと費用がかさみそうなので除外しています

オンラインストレージサービスの比較

個人用で有名どころはこんな感じでしょうか。

  • Amazon Drive
    • iOSアプリでパスコードなどによるロックがかけられないので除外
  • Dropbox
    • 現状使っている、便利だけど割高感がある
  • OneDrive
    • iOSアプリにパスコード設定可能、TouchIDも利用できる
  • iCloud
    • それ専用のアプリがない、したがってロックがかけられない
  • Google Drive
    • Googleフォトになるが、ファイルの取り扱いが特殊なので除外

結果的にOne DriveとDropboxを比較することとなりました、One DriveはOffice 365サービスになるので、そちらとの比較です。

Dropbox PlusとOne Driveの比較

  • 料金
    • Dropboxは1200円/月
    • One Driveは1274円/月
    • 恐らく税別・税込っぽいが、同価格と言えそう
  • 付帯サービス
    • Dropboxは特になし、デバイスデータの遠隔削除は魅力だけど使わなさそう
    • One DriveはそもそもOfficeが付いてくる

とこの時点で、One Driveの方が圧倒的に有利ですね。
個人的に気になっていたアプリ周り(パスロックコード、カメラアップロード)は両者同等の機能があるので問題ありません。

Office 365 SoloとBusiness

Office 365を申し込む際、家庭用かビジネス用か選べます。
実際のところビジネス用の方がちょっと安いし、インストール可能な端末台数も5台と十分です。
ただし注意点があり、One DriveがOne Drive for Businessになること。
通常のOne Driveと同じだろと考えていたら、細かな所で挙動や仕様が違うので、注意が必要です。
私が実際に最低限利用したいのは、iMacとiPad Proなので台数的にもSoloで十分です。


Businessの場合はお名前.comとか代理店経由で申し込むと安くなる場合があるようです。
www.onamae-server.com