ぶらりずむ

すきなものだけをあつめました

COINCOMEが気になっている話

ポイント還元のお話

先日リーベイツというポイントバックサービスを通してアップルストアでiMacを購入しました。 無事に楽天ポイントも還元されたのですが、ですが・・・ちゃんとポイントが還元されるかどうか不安だったんですよね。

また、LINEショッピングでも、LINEショッピング→Amazonという流れだとごく僅かなポイントがもらえるのでよくやっているのですが、ここでも同じようにアドブロック系は停止しないといけないのかとか、ほんとに経由した情報が紐付いているのかとか、不安なんですよね。 ポイントが還元されるまでもちょっと時間がかかったりと、なかなか上手い話はないなぁと。

また、仕方が無いとは言え還元率が少なかったりということもあり、これら以外で良さそうなサービスがないかなと調べていたところ、COINCOMEというものを見つけたので自分的なメモとして残しておきます。

COINCOMEとは

サイトはこちら。 cimcome.io

サービス開始のブログ記事はこちら。 https://blog.cimcome.io/ja/2019/05/09/pr-releases-open-beta-of-coincome-for-japan/

ブログの記事を見る限りだと、まだオープンして間もないようですが、本体サイトの方を見ると国内外の大手と連携しているので、使えるサービスはかなり多いようです。 リーベイツやLINEショッピング、Gポイントとかではあまり見ないものも含まれているので、そこだけでも他者との大きな差別化になりそうですね。

何がもらえるのか

サイト上の説明によると、CIMトークンがもらえるようです。

COINCOMEは独自のトークンを付与するキャッシュバックサイトです。
いつものネットショッピングをCOINCOMEを経由することで、CIMトークンがもらえます。

そしてCIMトークンの使い道としてはこちらの通りです。

CIMはデビット/プリペイドカードやPayPalウォレットに チャージして世界中で使えるようになります。
他にもモバイルインターネットの料金を支払ったり、交通系電子マネーにチャージしたり、友だちに送ったり。
他にもさまざまな、かしこい使い方を提供していきます。

還元されたCIMをデビットカードにチャージできるのは便利ですね、楽天ポイントだとEdyにチャージできたかと思いますが、私はEdy自体をほぼ使っていないこともあり、デビットカードへのチャージの方がありがたく感じます。

本サイトの下部にも書いてありますが、CONCOME自体がトークンなので・・・

  • ポイント失効無し
  • 保有するトークンの値上がり期待

この2点は従来のポイントサービスには無かったものだと思います。 特に楽天ポイントは期間限定ポイントがあり、欲しいものがなくても使わないともったいないということがよくありました。。 ドコモのdポイントは用途限定ポイントという形で、使える所が限られていて、不便だなぁと思うことも多々ありました。。 これらが無くなるのであれば、ポイントを使い切るために〜とかそういったこともしなくていいのは、気持ち的にも随分楽になりますね。

自分の場合はポイントは基本的に以下の様に使っています

  • 楽天ポイント:楽天でそのまま使う
  • LINEポイント:LINE Payに入れる

どちらもそこそこ便利なのですが、こういったのもCIMトークンに集約出来ることを期待しています。 COINCOMEは提携パートナーが多い・有名所も多いので、CIMをデビットカードにチャージして使う流れも浸透しそうですね。

COINCOMEの今後

今年中には取引所に上場して、正式にサービスローンチするようなので、まだ今後に期待という所ですね。 とはいえ、大手有名サービスとの提携が多い、ポイントの失効期限がない、トークンなので持っていると価値が変動する(もちろん下がることもある)といったことを考えても、普通にポイントを持っているだけよりも面白そうなサービスだなと思いました。

COINCOMEの運営側も楽天出身者であったり、有名企業出身者が多いので、安心出来るポイントですね。 上記にも書いたのですが、個人的には楽天で買い物することが多くて楽天ポイントが溜まりがちなので、楽天ポイントからCIMトークンへの交換とか、その逆も出来たらとても嬉しいです。 楽天出身者の方が多いので、そこに期待しています!

https://blog.cimcome.io/ja/2019/07/12/agreement-liquid-cim-listing/

少し前ですが、こちらのブログ記事では以下の様にあります。

Liquid 社の “Liquid.com” への上場によって当社が発行する仮想通貨(暗号資産) “CIM” の “COINCOME” 展開国の一つであるシンガポールの法定通貨であるシンガポールドル、ならびに主要な仮想通貨(暗号資産)への交換を実現してまいります。

上場日は未定ともありますが、幸先良さそうですね。 これを機会に仮想通貨取引でも始めてみようかなと考えています。

関連リンク

cimcome.jp

twitter.com

レクサスNX300h(version L)を購入しました〜その3〜

ちょっと前の話になるのですが、レクサスNX300h(ver.L)を購入しました。 前々回は比較したもの、前回はレクサス・レクサスNXを選んだ理由などを書きましたが、今回はver.Lを選んだ理由・付けたオプションについてです。

前々回の記事はこちら blog.burarism.com

前回の記事はこちら

blog.burarism.com

ハイブリッドのver.Lを選んだ理由

レクサスNXにはガソリンターボ・ハイブリッドの2パターンがあり、それぞれにグレードがあります。

グレードごとの価格はこちらの通り lexus.jp ※私が選んだのはハイブリッドのver.Lです。

なぜハイブリッドなのか

ハイブリッドを選んだ理由としては、単純にトヨタのハイブリッド車に乗ってみたかったというのが大きいです。 実はセールバリューを考慮すると、ガソリンターボのFスポーツが一番良いという自分調べでした。 ただせっかくの初レクサス車であること、トヨタのハイブリッドであること(自分の経験の範囲ですが、他社よりも優れているという認識)、静音性などからハイブリッドを選びました。 とはいえ、ハイブリッドとガソリンターボの価格差はver.Lでは約63万円(税込み)もするので、なかなかの金額差でした。

なぜver.Lなのか

リセールバリューが良かったり、専用装備のあるFスポーツも検討しました。

仕様による装備の違いはこちらの通り lexus.jp

検討しましたが、Fスポーツにオプションを色々つけていくと結果的にver.Lよりも高くなるという計算になり、そんな言うほどスポーツ走行もしないしということでver.Lにしました。 「どうせ買うなら高いやつ」という気持ちと「スポーツよりラグジュアリー感」だったので、ver.Lがちょうど良かったというのもあります。

グレードに関するまとめ

私が選んだのは、ver.Lのハイブリッド2WDでした。 ハイブリッドとガソリンターボの価格差は数十万であること、リセールバリューの考慮をすると、ガソリンターボのFスポーツが一番お得なように思います。 ただせっかくなので、自分が気に入ったもの・好きなものを試乗して決めていくことをおすすめします。

注文したメーカーオプション・ディーラーオプション

各種オプションの類ですが、私は以下のものを発注しました。

メーカーオプション

lexus.jp lexus.jp

メーカーオプションは以下のものを注文しました。

  • ホイール変更
  • パノラマルーフ
  • RCTA
  • PKSB
  • BSM
  • パノラミックビューモニター

安全装備+パノラマルーフという感じですね、安全装備はせっかくなので付けられるものは全部付けておきました。 パノラマルーフはムーンルーフか悩んだのですが、後席に誰か乗ることを考慮した・夜に車内から星空を見上げてみたい(願望)という理由から、パノラマルーフを選びました。 これはリセールバリューの関係もあり、パノラマルーフかムーンルーフは鉄板オプションのようですね。

逆に付けなかったオプションですが、主にこれらでしょうか。

  • パフォーマンスNAVI・AI-AVS
  • カラーヘッドアップディスプレイ

パフォーマンスNAVI・AI-AVSについては、ディーラーさんに相談したところ自分のケースではそこまで必要ないんじゃないか(10万するし)という点から除外。 カラーヘッドアップディスプレイについては、それまで乗っていたCX-3でもアクリル板への投写型が載っていましたが、そんなにHUDを見なかったという点から除外。

両方ともそこそこの値段ですが、納車されて2ヶ月近く経過しますが特に後悔はしていません。 逆にパノラミックビューモニターが駐車時にそこそこ良い働きをしてくれるので、思ったよりも良かったなという感じですね。 パノラマルーフはやはりルーフをオープンにすると明るいので、一緒に車に乗る人にも喜んでもらえています。

ver.Lは他のグレードと比較しても最初から色々オプションが付いているので、わりとお得かなと個人的には思っています。(その分高いんだけど) そのため、メーカーオプションはそこまで付けなかったという感じです。

ディーラーオプション

lexus.jp

ディーラーオプションについては以下のものを注文しました。

  • カップホルダーイルミネーション
  • ホイールロックナット
  • リモートスタート (プレミアム)
  • ナンバーフレーム (フロント・リヤ) &ロックボルト (ロゴ入り) セット
  • ディーラーのカーコーティング

マット類についてはさすがに10万は高いと思っているので、ディーラーオプションのクオリティに近いものを4分の1程度の価格で調達しました。 また、カーコーティングについてはディーラーさんのサービスとしていただいたのでありがたかったです。(もちろんケアセットも付いていました) 発光してる雰囲気が良いということで、ちょっと高いのですがカップホルダーイルミネーションも注文。 総じてわりと王道なものだけ注文したという感じでしょうか。

個別にお願いしたもの

別途工賃が発生するものの、ドライブレコーダーについては持ち込みで取り付けをお願いしました。

フロントはこちらです。

リアはこちらです。

2カメラのものも考えたのですが、個人的に気に入るものがなかったので、1カメラを2個買ってフロントとリアにしました。 SDカードも付属ではなく、大容量のものに差し替えています。

これら全てコミで総額600万円ぐらいだったので、なかなか高い買い物ですね。 ただフロアマットは社外品だったり、パフォーマンスダンパーやHUDを外したりと、あまり必要では無いなというものは外しています、それらを付けているともっと高くなっていましたね。 もっと高くとはいっても、この後に社外パーツを付けているので、実際にはもっと高くなってます。。

社外パーツについては、また次回ブログにまとめようと思います。 NXは春にマイナーチェンジがあり、まだまだ人気車種です。 これからNXを検討される方の何かしらの足しになれば幸いです。

iMac Early2019を買いました

前日こちらの記事を書いたのですが・・・

blog.burarism.com

あの後、そのままiMacを購入しました! 購入する際ですが、こちらの楽天Rebatesを経由したので、楽天ポイント1%還元です。

www.rebates.jp

最終的にキーボードはテンキーレスにしたので、金額はこちらに。

小計 ¥308,800
消費税 ¥24,704
注文合計 ¥333,504

しかし高い、消費税入れると33万円を超えました。うーん。 そのうえ秋葉館でメモリーを購入するので、36万円ぐらいですね。

www.akibakan.com

とはいえ、5年使うとなると年間7.2万円の償却、月換算すると6千円なのでまぁそんなもんでしょう。 ということで、到着はまだですが、しっかり使っていきたいと思います。

2019年iMac購入計画

なぜiMacを買うのか

現在使っているiMacはlate2015なのですが、ストレージを256GB/SSDにけちったせいで、最近になって外付けHDDを買ったり、クラウド上のみにファイルを置いたりしています。 通常使う分にはそれで良いとは思うのですが、やはりファイルの移動・待避などでストレスがあり、また最近起動時間もちょっと遅くなってきたのでそろそろ頃合いかな〜と購入を検討しました。

Mac miniは?

www.apple.com

液晶モニターは好きなのを買って〜という選択肢もありなので、Mac miniも比較検討しました。 しかし以下の点でちょっとうーん・・・となり、結局iMacを選ぶことにしました。

その点とは・・・ - 単純にMac miniが割高感があること - iMacと比較してCPUが一つ世代が古いこと(モデルによりますが)

もしiMacを買うならこれで税別31万円

3.7GHz 6コア第9世代Intel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.6GHz)
8GB 2,666MHz DDR4メモリ
Radeon Pro 580X(8GB GDDR5メモリ搭載)
1TB SSDストレージ
Magic Mouse 2
Magic Keyboard - 日本語(JIS)

もしMac miniならこれで税別26万5千円

3.0GHz 6コア第8世代Intel Core i5(Turbo Boost使用時最大4.1GHz)
32GB 2,666MHz DDR4
Intel UHD Graphics 630
1TB SSDストレージ
10ギガビットEthernet(1Gb、2.5Gb、5Gb、10Gb Ethernetに対応するNbase-T Ethernet、RJ‑45コネクタ使用)

iMacの方はAppleでメモリーを追加すると激高になるので、8GBのままで16GBメモリーを追加する予定です。 iMacのメモリーは秋葉館で16GBが1万5千円程度です。 Mac miniは自分で追加ができないので、最初から割高な32GB仕様にしています。

こう考えると、5万円の差で27インチの5Kディスプレイが付属する、CPUが1世代アップグレードして周波数も上がる、キーボードとマウスが付属している、グラボが違うなどがあります。 細かいところだと、BluetoothのバージョンがMac miniの方が高かったり、USB-Cポートが多かったりなどもしますが、個人的には上記に書いた違いの方が大きいかなという判断です。

iMac内での比較は?

www.apple.com

27インチiMac内だと3モデルから比較になります、21.5インチは画面の小ささもあり除外しています。 松竹梅の3つがありますが、ストレージを1TB/SSDにすると松・梅の差は3〜4万程度です。松・竹の差はもっと縮まって1万を切ります。 そのお金の差でCPUの世代差・グラボの差が出てくるので、これから4〜5年使うことを考えると松モデルかなという印象です。

実際に今使っているlate2015もストレージの問題さえ無ければ、少なくともあと2年は使えていると思いますし、うまくいけば更に3〜4年ぐらいはいけるでしょう。

iMacのカスタマイズは?

上の方に書いたものと被りますが、最終的にこれを考えています

3.7GHz 6コア第9世代Intel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大4.6GHz)
8GB 2,666MHz DDR4メモリ
Radeon Pro 580X(8GB GDDR5メモリ搭載)
1TB SSDストレージ
Magic Mouse 2
Magic Keyboard(テンキー付き)- 日本語(JIS)

変更箇所はストレージを1TB/SSDへ、キーボードをテンキー付きへ変更したのみです。 メモリーはショップで売っているものを自分で挿せばかなりの節約になるので、そのようにします。 CPUもCore i9が必要になるほどの仕事もしないですし、グラボも標準で十分なので、それぞれそのままで問題ないという判断です。

しかしまぁ¥311,800 (税別)って結構高いですよねー。。 このベースでちょっと考えようと思っています。

レクサスNX300h(version L)を購入しました〜その2〜

ちょっと前の話になるのですが、レクサスNX300h(ver.L)を購入しました。 前回は比較したものなどを書きましたが、今回はレクサスを選んだ理由についてです。

前回の記事はこちら blog.burarism.com

レクサスを選んだ理由

BMW・ベンツ・レクサスの3メーカーからレクサスを選んだのですが、その理由は主にこちらです。

  • レクサスはメンテナンスの費用が別途発生しない
    • そういった個別のプランに加入しているわけではなく、車両代に車検までのメンテナンス費用が含まれています
  • 外車に比べてリセールバリューが高い
    • 実際に外車に乗ったこと・売ったことがないのですが、ネット上でもリアルでもよく言われる話ですね
  • 価格に対する質感が良い
    • 正直なところ、BMWは価格に対して質感がイマイチでした
    • ベンツ・レクサスは価格に対して見合っているなという感じです
      • ベンツ新Aクラスは価格以上の質感でした
  • カーナビはレクサス一択

これらの理由があるのと、実際の価格などを考慮してレクサスを選びました。

レクサスNXを選んだ理由

前回の記事でも書いたのですが、UX/NXと試乗をしていて、試乗前はUXが第一候補でした。 ただ実際に乗ってみると、UXは運転しやすいものの、後部座席がとても狭く、CX-3とあまり変わらない広さ。。 対してNXは大人が4人乗っても余裕がある後部座席ということもあり、先進設備や新車体も気になりつつ、NXを選びました。

実際にインターネットを見ていると、同じようにUX目当てで訪問するも、UX/NXの試乗をしてNXに決める方も多いようです。 次回は最終回として、ver.Lを選んだ理由、オプション等についてまとめていきます。

レクサスNX300h(version L)を購入しました〜その1〜

ちょっと前の話になるのですが、レクサスNX300h(ver.L)を購入しました。 なかなか高い買い物だったこともあり、せっっかくなので何回かにわけて記事にしたいと思います。

購入にいたるまで・動機

1月半ばに今年の収入の見通しがある程度経ったこともあり、思い切って「高級車を買おう!」と決めたのです。 自分の中での「高級車」ってすぐに思い当たるのは、メルセデスベンツ・BMWでした。 子供の頃からのイメージやよく見かける外車というと、BMWかベンツが多かったので、その影響が大きかったと思います。

大人になり色々な車種・メーカーを知りましたが、やはりBMW・ベンツへの憧れは揺るぎがありませんでした。 ただネット上でも色々情報を仕入れると、外車のナビはあんまり良くないとか、リセールバリューが低いという情報にぶち当たります。 そこで以前から気になっていたレクサスも考慮し、3メーカーで考えることにしました。

そんな中、実際にディーラーを巡ってみると、色々なことが分かりました。 BMW→メルセデスベンツ→レクサスという流れで巡っています。

以下は個人的な所感です。

BMW

  • 試乗した車種:X1
  • 候補:X1
  • 所感とか
    • 試乗してみるも、値段の割に内装がやや厳しいという印象
    • 走りは重厚感があって良かった
    • 5シリーズセダンが展示されていたので、座るだけちょっと乗らせてもらう
      • 5シリーズまでいくと内装もなかなかという感じ、ただ高い
    • ディーラーはわりとシンプルな感じ
      • 担当していただいたセールスの方は20代で若いという印象
        • なぜかたまに会話が噛み合わないところがあり、それが気になりました。。

メルセデスベンツ(ヤナセ)

  • 試乗した車種:訪問時間の都合で試乗ができず
  • 候補:発表されて気になってたAクラス、王道のCクラス
    • 商談中にセールスの方からGLCを勧められる
  • 所感とか
    • 試乗できなかったので、現物を見させてもらい、座席に乗ってみたりしてみた
      • Aクラスは値段の割にとても良かった、後部座席も広くて良い
      • Cクラスも良かった、高級感がある
      • 勧められたGLCも高級感が半端なかったが、さすがに高い。。
    • ディーラーは高級感がある感じだが、やはり「ディーラー」という印象
      • 担当していただいたセールスの方は40代ぐらい、ヤナセ内でも表彰されていたようで信頼できる印象
    • 正直この時点でBMWかベンツならベンツかなという印象

レクサス

  • 試乗した車種:UX/NX(どちらもハイブリッド)
  • 候補:試乗前はUX、試乗後はNX
  • 所感とか
    • 事前に伝えていた、NXとUXのハイブリッドに試乗
      • UXに先に試乗、とても静かで良かったけどちょっと狭い、内装的にはこんなものかなという感じ
      • 次にNXに試乗、SUVらしくちょっとアイポイント高め、社内もUXに比べて広い、内装も良い感じ、ただブレーキを踏むとカックンとなってしまう。。
        • 以前トヨタのアクアに乗った時にカックンブレーキだったので、それ思い出しました
    • 店舗がたまたま改装中だったので、仮設店舗で。。

最終的にはレクサスに決めたのですが、その理由などはまた次回書いていきたいと思います。

レクサスギャラリー高輪へ行ってきました

先日のレクサスインターナショナルギャラリー青山に続き、品川駅前にあるレクサスギャラリー高輪に行ってきました。

レクサスギャラリー高輪とは

レクサスギャラリー高輪とは、レクサス高輪の2階にある展示スペースです。 青山に続き、こちらも初めて行ってみたのですが、展示スペースが商談スペースから独立しており、他にお客さんもいなかったのでゆったり見ることが出来ました。

昨日から臨時休館となっているようなので、車両の入れ替えがあるのか改装工事なのか、次回行く際には休館後の4月以降になりそうです。

lexus.jp

展示車両

展示車両の写真はこちらです。 ずらっと並んでいますが、手前からLC、LS、NX、LXですね。 このラインアップだとNXの代わりにRXという感じもしなくもないのですが、RXは1Fに展示がありました。

f:id:minyou:20190317161906j:plain

せっかくなので車両に乗り込んでみたり、写真を撮ったりなど。。 f:id:minyou:20190317161617j:plain f:id:minyou:20190317161627j:plain f:id:minyou:20190317161718j:plain f:id:minyou:20190317161740j:plain

当たり前ですがLCもLSもLXも高級感満載で、特にLSは後部座席にマッサージ機能がついていたりと、すごく高い質感でした。 普通に生きてれば恐らく運転することはないと思うので、青山に引き続き、実際に乗るだけ乗ってみて良い体験ができました。

LCも最高級クーペらしく、車内の質感や見た目など、スポーティーさと高級感が合わさって何とも言えないインテリアでした。 ただ慣れていないせいか、乗り降りがとてもし辛かったので、日常的に乗ってる人はほんと尊敬します。。

2階は車両・ビデオ・パーツの展示と応接ルームがあり、私が訪問した際には2階に誰もいなかったので、じっくり見ることができました。 お店の方も親切に案内してくれたこともあり、とても楽しい時間を過ごすことができたので、NXが納車されたら改めて行ってみたいなと思います。

レクサスインターナショナルギャラリー青山へ行ってみました

レクサスインターナショナルギャラリー青山とは

レクサスインターナショナルギャラリー青山とは、レクサス青山に併設されている展示スペースのようです。 初めて行ってみたのですが、各車種の英語版カタログも展示されていたり(自由に閲覧可能)、いくつか車両も展示されていました。

lexus.jp

LFAスパイダー

せっかくなので3月18日まで展示されているLFAスパイダーを撮影しました。 車両に近づくのにも制限があるのですが、撮れた写真はこんな感じです。

車両のフロントから f:id:minyou:20190316151050j:plain

車両のサイドから f:id:minyou:20190316151134j:plain

車両のバックから f:id:minyou:20190316151425j:plain

他の展示車両

ほぼ写真は撮れなかったのですが、他にもUX250h / LS500h / IS250h /ES300hなどが展示されていました。 自由に乗り降りできたので、一枚だけES300hのデジタルインナーミラーを・・・ f:id:minyou:20190316151900j:plain

ハンドルにチラッと木目が見えていますが、ES300hはインテリアも木目調で高級感がありました。 個人的には木目調=昭和の頃のおじさんが好きなもの、というイメージがあって古い印象を持っていたのですが、実際に目にしてみると中々高級感があって良かったです。

店内はとても静か

これも当然なのかもしれませんが、場所柄なのか店内はとても静かで、展示ギャラリーの奥の方・横の隠れた所が商談スペースのようでした。 自動ドアを入ったら、カウンターの女性2人が立ち上がって声をかけてくれたので、おもてなし感を感じながらも、ちょっとびっくりして私は少し落ち着かなかったのもあります。 成約記念で高級バッグをプレゼントされるようなので、やはりディーラーによって色々と違いますね。

首都圏では他にレクサスギャラリー高輪もあるようなので、今度行ってみたいと思います。

lexus.jp

転職先で活躍するための3つのこと

退職者アドベントカレンダー2018の19日目を担当させていただきます、みなさんこんにちは。

adventar.org

私は夏の終わりに転職し、新しい所に入ってまだ少し経ったかなという状況です。 私は転職回数が普通の人よりもかなり多いのですが、新しい職場に入る度に期待と不安があります。 こればかりは何回転職してもなくなりません。

なので、転職を経て新しい会社に入り、活躍するためのいろはを私なりにまとめたいと思います。

1.いい人でいる

「いい人」と一言で表現すると色んな見方があると思いますが、私の考える「いい人」はこんなイメージです。

  • 明るい
  • 積極的
  • 困ったら親身になってくれる
  • 話しやすい

一部をちょっと書いてみたのですが、こんな人が職場にいたら良いですよね。 新しい職場では自分も不安ですが、受け入れ側も不安なことが多いので、自ら積極的に色んな人と交流して積極的に関わり合いを持つようにしています。

2.知見の出し惜しみをしない

あなたがよく知っていて、使い古されたと思っているものは、新しい職場の人には未知のことかもしれません。 ちょっとしたテクニックが非常に喜ばれるかもしれません。 中途に求められるのは経験を出し惜しみすることではなく、経験をフルに活かして事業を発展させたり、人を引っ張っていくことだと思っています。

3.全力を出し切る

様子を見つつというのもあると思うのですが、様子を見ている間に転職直後のデビューチャンスをふいにしてしまうかもしれません。 勢いってとても大事で、勢いがある人には自然と人がついてきます。 転職直後で自分も相手も手探りな状態だからこそ、勢いよく全力を出すことで色んなチャンスが舞い込んでくるんではないかなと思っています。

たくさん書いてもあれなので、3つにまとめてみました。 どれもこれも簡単に出来るようで、ちょっと頑張らないと出来ないことでもあるかなと思います。 もし良かったら、過去の記事も読んでいただけると幸いです。

blog.burarism.com

blog.burarism.com

ブログどうしようかなって話

最近気が向いた時に気が向いたことを書くようにしているせいか、あんまり更新していないけれど、今年は過去最高の記事数になってました。 毎日続けることも素晴らしくはあるけど、気が向いた時にぶらっと書けるのもまた素晴らしいと思うのです。

ブログの方向性というわけではないのですが、何か書こうと思った時にこんなことを思っていました。

  1. 自分が知っている便利なことを自分の備忘録として残す
  2. 自分が知っている便利なことを誰かのために書き残す
  3. 日常的な想いやらいろいろ

書いてはやめてを繰り返す時もありますが、今後は自分が知っている便利なことを誰かのために書き残すを増やしていければいいなという気持ちです。