ぶらりずむ

すきなものだけをあつめました

スポンサーリンク

【Python】データ型を作る

スポンサーリンク

新しいデータ型は属性で性質を決めて、メソッドで機能を作り込む。

classにメソッドを定義する時には、常に1つ引数を書かないといけない。
引数が不要なメソッドにも必要なので、selfと記載する。

>>> def hogehoge():
...     return random.randint(1,100)
...
>>> hogehoge()
99
>>> hogehoge()
12
>>>
>>> class Hoge:
...             def random(self):
...                     return random.randint(1,10)
...
>>> fuga = Hoge() # これでHogeが定義される
>>>
>>> fuga.random()
9
>>> fuga.random()
7
>>> fuga.random()
1
>>> 


これらをモジュールにしておくと、再利用が便利になる。

hoge.py

import random

class Hoge:
        def hogehoge(self):
                return random.randint(1,10)

hoge.pyを読み込んで実行してみる

>>> import Hoge
>>> fuga = hoge.Hoge
>>> fuga.hogehoge()
6
>>> fuga.hogehoge()
4
>>> fuga.hogehoge()
3